例えばそれが詩というか。

ネット詩人、5or6。若いミュージシャンを応援したり、ラーメン食べたり、詩を書いたり。

シンクロニシティ

f:id:dai5or6:20190908205515j:plain ポン引きのチンピラにもかからないオッさんのマンションに住んでいる片親で生活費をSMで稼ぐ少女と鎌倉にデートをしに来た水商売の専属スカウトマン。彼は童貞だった。スカウトの腕は一流で、何人もの店内ナンバー10以上の女の子を連れてきていたので店長に信頼されていた。何より、店の女の子に手を出さないと評判だった。一度、店長はハニートラップとして店の女の子を彼に近づけて彼の住むマンションで肉じゃがを作らせるまで成功した。当然泊まりになったが彼は同じベッドにいたのにもかかわらず一度も身体には触ってこなかったらしい。すぐ様、ゲイではないか?と今後は新宿にあるヒゲガールに連れて行ったが男にも興味がなかったらしい。店長曰く、ありゃ、インポだな。と結論がつき、時々、店長は女の子を連れて来る彼を優しい目でバイアグラと謝礼を渡していた。彼はバイアグラを店の横のポリバケツを漁る自由人に渡し、数日後、その自由人は店前で女の子に襲いかかり、店の店員に連れて行かれ、血だらけで路地裏に捨てられていた。下半身の勃起したままのアレの皮はホッチキスで止められていて漏らしたションベンで鳳仙花のように膨らんでいた、と店の女の子がネタに話していた。そしてスカウトマンは今、コテージのようなホテルで彼女と風呂に入っている。彼女の身体は刺青は無く、縄の跡も無かった。白い肌で水滴が弾く若い肌だった。それを彼は眺めて初めて彼女の小さく膨らんだ胸を手のひらで覆った。触るのではなく、おおった。少女は、自らの手で、彼の手を押さえた。中心が熱く、突起していた。彼は静かにキスをした。優しく激しく舌が動いてきた、のは彼女からだった。彼はそのままの状態で動かなかった。彼女は離れると糸を引く唾液を手で拭いて今の生活から抜け出したいと懇願してきた。彼は変える事は出来ないと断った。その会話で全ては終わった。朝は二人を分かち、繋がる事はもう無かった。風の噂では彼女は薬を覚え、病院に入院したらしい。そして彼は夏にある女性をスカウトして、童貞を捨てて、仕事を辞めて地元でラーメン屋を開いた。

それがここ、麺や、天沢だ。

もう一人の男はそうなんですかぁ、と腕を組みながらフムフムと頷いていた

カウンター8席しかない小さなラーメン屋の外で

倍以上いる待ち客たちに

クソどうでもいい情報だけが入って

みんな

ラーメンどこじゃなかった

みんな

同じような腹の出方をしていて

みんな

ハゲていた

そして

みんな

いつもとは違う目線で

マスターを見て

スープを啜った

これが

シンクロニシティだ。

Comeback

f:id:dai5or6:20190804220007j:plain

Comeback

Comeback

  • プリンス
  • R&B/ソウル
  • ¥250
人生の階段を半分まで登った頃
柔らかな風が後から吹いてきた
あぁ涙が溢れて僕は悟ったんだ
その優しい風は君だったって、

フワフワとやってきて
フワフワと去っていく

次のステージを、待っていたりする
だから居なくなった訳じゃないよね
だって君は僕を解っているのだから

‪もし大切な人を、失ったとしても‬
‪居なくなったと、口にはしないで‬

‪側に居るから‬
‪きっと、側に居るから‬
‪側に居るから‬

‪涙は向こう側に‬
‪涙はあちら側に‬

‪流れて‬

Come back/prince. 訳詩。

Creep.

f:id:dai5or6:20190801181100j:plain てゆっかさーてゆっかさー、高い時、テンション高い時、病みすぎて、これはやばい、メールがきて、追い討ちかけられた、悩んでて、を完全に網羅した、追い討ちメールがきた、プツンときて。耐えられない。まず。このことがありましたと、ラインして、その人は権力ないんですけど、心寄り添ってくれて、本店にもメールして、情報を開き直って、わからなかったので教えてほしいと、きて、書こうかなぁーと思って、でも本質はまるで変わらないけど、病みは変わらないというのが一つと、それはまたいいとして、行きはお願いしてほしいけど、時間とか一切不明で困ってるんですよ、昨日から、だけど帰り、新幹線で行こうか迷うし、多分、元々行く予定の人は日曜に参戦予定だったんですけど忙しいみたいな感じで、多分、車なので、大丈夫かなぁー、とか悩んでて、じゃあお願いしようかなぁ、とか他に断ろうか考えて、気持ちはその方向で、優柔不断ですみません。て感じです。 え、いつ来るんですか?前乗り?うっそ、本当に、どこの子なんだろ、と思って、あ、大学生なんだ、ほぅほぅ、あー、就活のためね、え?初対面ですか?ははは、じゃあ、そこに合流するしかないですね、キャバ嬢なんですか、大学生ですからね、頭良さそうです。あ、前夜祭ですか、私は七時まで残りますから会社に、じゃあ朝は爆睡です。ですよねぇ、じゃあ会場、泊まりますよね、ホテルの場所、把握してないけど大塚のあたりなんだけど、一応、電車一本かな?物販とか行きたいし、あ、一時間かかるみたい、めっちゃかかるなぁ。うんうん、あー、なんかパッと見、一本ですねぇ、え、バスが?ライブの日なのに?え?バス会社聞いたけどダメだったのですか?なんやそれ、なんやそれ、こんな遠いの?みんな遠いのか?よく考えたら大変ですね。うん、うん、あー、車停めっぱですよね、多分、池袋で飲むんですよ、だからここにしたんだと思うんですけど、バス出ないんかい。ふーん。でも、道一本じゃないですか、あ、この辺に会社立てたら楽ですよね、へー、うん、バスと一緒ですよね。はー、うんうん、なるほど。そっか、おー、安っ!メッチャ安いじゃないですかぁ、でもバス出ないんですよね。バス出ないんかい、でも遠いなぁ。十一時に物販いって、置いて帰って、暑いとこいるなら電車内で過ごした方が涼しいし、ですよね、荷物めちゃくちゃ減らさないとヤバイなぁ、ですよね、どっかなぁー。しかしながらバス出ないんかい!(長考)。

で、男女の会話を聞いていた男は席を立った。

男は思った。

最初は、パワハラの話か、悩み相談か、わからなかったが、結局はみんなでいくフェスの相談だったみたいだったらしく、部下だか同僚だか知らないが、イラッとする会話だった。

その後、男は会社に戻り、夜の十時まで残業して、帰宅した。

夕飯は、タイムサービスで半額になったスーパーの惣菜と、発泡酒二缶だった。

住んでいる場所は、大塚だった。

スマホで、日曜に開催されるフェスを、ググってから寝た。

知っているアーティストは、居なかった。

場所は、確かに、遠かった。

バスも、出てなかった。

バス出ないんかい。

と、

あの子の様に呟いてから、

キモっ!

と吐き捨てて、

寝た。

Bitter Sweet Symphony.

f:id:dai5or6:20190730085631j:plain マクドナルドの席が一つ空いていた。何故か人が多いのに空いていた。席に座った。隣の男はスマホを充電しながらブツブツと、なるほどね、なるほどね、なるほどね、なるほどね、なるほどね、なるほどね、と言っていた。後、ワキガで口臭が酷かった。俺は息を止めてアイスコーヒーを飲んだ。味は無かった。しばらくすると隣の男は席を立った。俺のワキガが臭かったのか、息が臭かったのか、そして反対の隣に男が座る。汗臭く、口臭が酷かった。俺は無心にアイスコーヒーを飲んだ。急いでファストフードを口に入れる客ども。みんな無口だった。隣に男が座った。無臭だった。なるほどね、と俺は呟いた。

#

今の若者は自分がほんの一瞬で障害者になる事を想像してはいないまま、奇跡を無駄遣いしている。煌びやかなネオンの地べたに座り、話す周りと会話はゴミクズ。無残な命のカスが無駄な精液のように都会に包まり捨てられていく。独りよがりの賢者のオナニーのようなたわ言の徘徊。それが、新宿オナニー。

#

恵比寿駅の山手線で思いっきり駆け込んで自動ドアに挟まるおっさんを目の前で眺めた。二秒くらい挟まっているのを無の極致に近い思考で眺めた。右手のスマホにはポケモンGOが写っていた。見上げると七三分けだった。ドアが開いておっさんが乗り込んだ。すぐさまスマホを見る目は死んだ魚の目だった。渋谷駅でおっさんが降りる。一緒に降りる。駆け込み乗車は危険ですのでお辞めください。駆け込み乗車は危険ですのでお辞めください。車掌さんの声が渋谷駅に響く。おっさんは歩きスマホをしながら、人混みに消えていく。消えるまでおっさんの人生を見ている。おっさんの人生を何も考えないで見ている。

#

f:id:dai5or6:20190730085723j:plain

#

ぼけっと歩いていたり、流れに逆らって歩くとまるでザ・ヴァーヴのBitter sweet symphonyのPVのように人がぶつかっていく。ワザと肘をぶつける人もいる。俺は代々木で新宿のマクドナルドにバックを忘れたのに気づいた。 Siriにザ・ヴァーヴのBitter sweet symphonyをかけて、と呟く。さて、行くか。

#

Bitter Sweet Symphony

Bitter Sweet Symphony

Lake By the Ocean

f:id:dai5or6:20190705161115j:plain 何も言わないまま、抱きしめても、きみは何も言わない。何も言わないのに、解っている。何も言わないから、解っている。そう、お互い信じている。雨が降っている。傘をささない。二人、抱きしめている。抱きしめたいから、傘はささない。二人、解っている。雨は降っている。傘をささない。二人、抱きしめている。きみは、解っている。何も言わない、抱きしめている。何も、言わないで。二人、解っている。 繰り返している。永遠に、繰り返して、永遠を、二人は、続かない事を、解っている。続かない事を。

Urethral catheterization

f:id:dai5or6:20190705155656j:plain 洞窟のような 湿って 生温かい指触りの前に 湖として 服を脱いでいた 親身になって 考えていた昨日 明日寄り添う 水面が睫毛よりも 高く 気泡が 小さく そして沢山の感情が弾けて 少し唇を開く事を やめてみる 下降する 両足には絡み合う管が 尿道まで誘い 緩やかな排出を営み 水の中の川に流れていく まるで セノーテ・アンヘリータの 美しい光景は 少女にとって酷であり 俯く そしてもう一度 朝日を浴びて 上昇する

敢えて彼に名前を付けるのはどうだろう

f:id:dai5or6:20190704033148j:plain 公園に先生と爆弾はいらない 導火線に水をあげると砂場に新芽が生えるから 摘み潰すから座りなさい 学生たちの色が熱帯夜に染まる 混ざること火の如し 右足をだして右手でビンタ 左足をだして右手でビンタ 集団で大学に行くためにビンタ 行かないとビンタ いかなければビンタ 三段活用ビンタ 浮浪者を蹴り飛ばしていた学生たちをビンタ 変な呼吸が聞こえ始めたからビンタ 今でしょビンタ いぃぃぃまぁぁぁでぇぇぇしょビンタ いむぅぅぉぁぁああどぅぇしぅぅゅぅおおおお で笑わなかったからビンタ 遅刻寸前で助かったなと先生は優しくビンタ それな、親が言うなよとビンタ 冷ややかに無視しながらビンタ 左手でペンを回して右手でビンタ 質問を受け付けるぞビンタ アイポット聴きながらビンタ 空気読めよビンタ 薄ら笑いの顔をして全員並べビンタ これあれでしょ?死刑執行官のパロディーでしょ?と言った奴は握手 それ以外はビンタ

張り裂けるような音!音!弟! 弟? 兄さん! おお、貴様は腹違いの弟! 兄さん、訴えられますよ。 それは受け入れる所存ぞ!

ナトリウム光が血色の悪い肌を赤く写し きつく締めたネクタイを緩める指先がもう一人の浮浪者に向けられるために前へと動いた ゆっくりと 人差し指が伸びる

あれは果てだ。

向けられた指先の先にある男はただ布団に包まり ダンボールの壁に守られたATフィールドで眠っていた。

嘘寝だね

そう呟くと男はビクッと動いたがもう誰もその事には触れずに教室に帰って行った。